血流改善をしよう|健康は笑顔の元になる!

男女

免疫力高める茸由来成分

コップと錠剤

免疫力低下は万病のもと

疲れやすくなったり風邪をひきやすくなったりした場合は、免疫力が低下している可能性があります。人体を細菌やウイルスの侵入から守るため、全身ではさまざまな種類の白血球が働いています。顆粒球やリンパ球・マクロファージといった免疫細胞の活動が低下すると、感染症ばかりでなくいろいろな病気にかかりやすくなるのです。免疫力が低下する原因としては、生活習慣の乱れやストレスの影響などが挙げられます。免疫細胞の活動を活性化させるには、ストレス軽減の他に十分な休養と栄養補給が欠かせません。忙しい現代人はなかなか休養できず、外食やコンビニ食が多くなると栄養バランスも偏りがちです。そんな人たちの間で近年、βグルカンという成分を配合したサプリメントが静かなブームを呼んでいます。βグルカンは茸や酵母に多く含まれる高分子の多糖体です。グルカンにはαグルカンとβグルカンの2種類があって、そのうち特にβグルカンで免疫力を高める効果が認められるのです。他にもコレステロール値を下げる作用や腸内環境を整える効果などが知られています。茸はビタミンやミネラルなどの栄養素も豊富ですが、βグルカンはまた違った働きをします。

がん免疫療法にも活用

βグルカンはグルコースと呼ばれるブドウ糖が多数結びついた分子構造をしています。そのままでは消化吸収されず、通常は食物繊維の一種として見なされます。身近な食材ではシイタケや舞茸などの茸に多く含まれる他、アガリクスや霊芝といった高価な茸には特に多く含まれます。パン酵母やビール酵母も含め、日常的な食事では効果を実感できるほどの量を摂取できないものです。サプリメントならそんなβグルカンも効率よく摂取できるため、健康に関心を持つ人の注目を集めているのです。たとえ吸収されなくても、βグルカンは腸内免疫を刺激してくれるものと考えられます。腸では免疫細胞の7割が作られると言われており、人体の中でも免疫系が最も活発な器官です。食物に含まれるさまざまな細菌や異物に対応するため、腸には免疫細胞の多くが集中しているのです。腸の免疫系を刺激することで全身の免疫力もアップします。βグルカンはがん免疫療法にも使われており、その抗がん効果は科学的にも実証されています。βグルカンの多いアガリクスや霊芝は、昔から健康への優れた効能が知られていました。その成分を今はサプリメントとして手軽に摂取できるようになったのです。